ニュース

オータムジャンボ宝くじは何枚買うのがいい?1等が出やすい売り場も

2017/06/03

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

夢をその手中に...。

1等と前後賞を合わせて最高5億円が当たる「オータムジャンボ宝くじ」が、9月26日全国一斉に発売が始まりました。

今年のオータムジャンボは1等(3億円)が昨年よりも1本増えて14本1等前後賞(1億円)28本2等(1千万円)140本用意されています。1枚300円で、来月14日まで販売されます。抽選は10月21日に開催予定となっています。


また、20枚以上購入すると応募できる「ハロウィンプレゼントキャンペーン」も始まっていて、限定のウェアやアイマスク、パーカーが計901人に当たるそうです。

今年も宝くじについての話題が盛り上がってくる時期になってきましたね。億万長者への夢を買うため、発売当日から宝くじ売り場には大勢の人が並んで待っていました。

今回の記事では、オータムジャンボ宝くじの1等が出やすいとされる売り場と、宝くじを一体何枚買えばいいのか?一番効率的なのは何枚買いなのか?について書いていきたいと思います。


スポンサーリンク


オータムジャンボ宝くじ 1等が出やすい売り場はここだ!

以下にリンクを貼ったサイトでは、過去にジャンボ宝くじで高額当選が出た売り場を、都道府県別で調べることができます。

参考リンク:ジャンボ宝くじ 幸運の売り場 宝くじネット

今回はその中でも、特に1等が出た実績が豊富にある売り場を紹介したいと思います。


①新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター

JR新橋駅烏森口から出てすぐのところにある、有名な宝くじ売り場です。

中でも、1億円以上の当選実績は日本一といわれるほど多いとされており、残業帰りの新橋のサラリーマンも夜遅くにわざわざ並んで買っているそうですよ。

億越えを狙っている人は、行く機会があればぜひとも立ち寄ってみては?


②千葉駅前宝くじロトハウス

ここの売り場も全国的に有名であり、テレビでも取り上げられ特集が組まれたほどです。

全国649回2013年のオータムジャンボの1等前後含み3億円や、全国583回ドリームジャンボ1億円など数々の当選実績がそれを物語っています。


③名鉄観光名駅地下支店宝くじセンター

名古屋駅近くにある名鉄ビル地下1階に位置する売り場です。過去の高額当選実績ですが、3億円の当選はなんと32本あるそうです

2014年オータムジャンボ宝くじ1等前後賞5億円1本、2013年オータムジャンボ2等1000万円1本、ドリームジャンボ宝くじ1等1億円3本、2010年オータムジャンボ宝くじ1等2億5千万円1本など...オータムジャンボの当選実績が非常に多いことでも有名です。

名古屋へ行く機会があれば立ち寄ってみるのがいいかもしれません。

ここまで3店ピックアップして紹介しましたが、全国にはまだまだ有名な売り場が、それに加えてまだまだ知られていない穴場があるかもしれません。

ただ、過信し過ぎはやはり禁物で、宝くじだけを目的にその土地へ行くのはたぶんお金の無駄になると思います。自分の住んでいる場所にある売り場に行って、それで当たったら儲けものくらいに考えておくべきでしょう。


宝くじの賢い買い方って? 何枚買えばいいの?

では宝くじはいったい何枚ずつ買うのが効率的なのか?要するに賢い買い方とは何か?これについて調べてみました。

以下に参考記事のリンクを貼っておきます。

こちらの投稿者さんは、過去の宝くじの当選確率の期待値と標準偏差のデータを活用し、具体的な宝くじの賢い買い方について解説がされております。

参考記事:宝くじの賢い買い方は?

宝くじは何枚ずつ買えばいいのか?上記事を参考に結論を示しておきますと、


・4等からでもとにかく当てたい人 ⇒ 連番で3枚買い

億越えを狙いたい人 ⇒ バラ買いで適当な枚数を買う(10枚以内が妥当か)

最後に、宝くじは投資ではなく、あくまでギャンブルということを忘れないでください。

無闇に夢を追って何百枚も買うのは非効率というものです。何百枚も買っても結局当たらずじまいで、しかも効率が悪いとなれば本末転倒ですからね。

まぁ、4等くらいでも当たったら御の字ぐらいに考えておくのが一番いいかと私は思います!

スポンサーリンク


この記事をシェアする
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

-ニュース
-