ニュース

冬道や雪道で滑って転ばない為の注意点!靴や歩き方、姿勢まとめ

Pocket


冬の特に寒い時期は豪雪地帯だけでなく、関東の太平洋側など雪の少ない地域でも積雪や路面が凍結する恐れがあります。

ツイッターでも東京で大雪が予想されると、帰宅難民や雪といったトレンドで盛り上がりますよね。

今回の記事では、冬道や雪道で滑って転ばない為の注意点として靴や歩き方、姿勢についてなどをまとめました。

雪道や路面凍結、帰宅難民で夜が不安という方に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


雪道で滑らないための靴は?

豪雪地帯に住む方々には必須となるのが雪道で転びにくい靴ですね。

靴底に滑り防止用のスパイクが付いた靴が用意されています。

観光で北海道や新潟など雪の多い地域に出かける予定があるなら、冬用靴を用意することを検討したほうがいいかもしれません。

太平洋側など雪の少ない地域ではそこまでは必要ありませんが。

 

冬靴は欲しくないけど滑らない靴が欲しい…というあなたにオススメなのが安全靴です。

安全靴は軽くて動きやすいうえ、靴底は滑りにくく加工されているものが多いですから一度検討してはどうでしょうか。

ホームセンターであれば手軽に購入できるので見てみましょう。

スポンサーリンク


冬道で滑らないための注意点(歩き方、姿勢)



雪道はもちろん、雪の少ない地域でも気を付けたいのが冬の凍結した道ですよね。

ニュース番組で、横断歩道を渡っているときに転んでしまった人をよく見かけると思います。特に初めて凍った路面の道を歩く…という方はかなり不安なはず。

そこでなるべく冬道で転ばないための2つの注意点をお教えしましょう!

 

路面の状態をしっかり確認しながら歩く

遠目から見ると、何の変哲もない道に見えても、実は凍結した路面(ブラックアイスバーン)で勢い余って転んでしまった…なんてことはよくあります。

その為にも、路面の状況の変化を気にしながら歩くと少しでも転びにくくなると思います。

上の画像のように、スマホのながら歩きなんかは論外です!

 

②少し前傾姿勢気味で歩く

この2つ目のポイントは、もしかしたらあまり知られていないのではないかと思われます。

背筋をピンと張った状態で無理に歩くと、転びそうになった時に体勢を立て直すための踏ん張りが効きにくくなって、転びやすくなります。

そこで、少し前傾姿勢をとって歩くようにすると、転びそうになるときでも踏ん張りが効きやすくなり、また、受け身を取りやすくなることにもつながります。

このように、路面状況と姿勢に注意する+冬靴を準備することで、冬道で転倒する確率を抑えることが可能です。

ただ、これで問題ないと踏んで油断していると、あっという間に転んでけがしてしまいます。

現に、冬の生活に慣れた方でさえも毎年必ずといっていいほど転んでいますから…。

 

いかがでしたでしょうか?

特に夜は気温が氷点下になる可能性も高くなり、路面凍結の恐れが出て来ます。

帰宅が夜遅くになる方は特に注意してください。

これからの季節、まだまだ寒さが厳しい時期が続きますから体調管理にも十分お気を付けくださいね!

スポンサーリンク


この記事をシェアする
Pocket

-ニュース
-,