ニュース

【考察】コナン1008話の急展開は作者病気療養の為?復帰はいつ?ネタバレ有

2017/12/14

Pocket


週刊少年サンデーで連載中の人気作品「名探偵コナン」の作者である青山剛昌さんが、病気の為長期療養することがわかりました。

これに伴って、名探偵コナンは長期の連載休止が決定しています。

これは心配になるニュースが飛び込んできましたね。

青山先生には病気をしっかり治してまた復帰してほしいところです。私も一刻も早い復帰を祈っております。

さて、一つ気になるのがコナン最新話である1008話の急展開!

ネタバレ含む詳細については後述しますのでネタバレを避けたい方はご注意ください。

今回の記事では、1008話のネタバレとここからの急展開、今後の展開について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク


コナン1008話 ネタバレ

※ここから先ネタバレ注意!!

 

 

 

 

 

 

コナン1008話では、長年の謎であった黒の組織のボス"あの方"の正体がついに判明します。

その人物は…?



CARASUMA…ファンの方なら見覚えのある名前でしょう。

あの方の正体は「烏丸連耶」でした。

30巻のエピソードで名前とシルエットのみが登場しています。

40年前に謎の死を遂げ、年齢はその当時で100歳を超えていたとされています。

実際、あの方をにおわす伏線は随所に貼られていて、例を挙げると、

・黒の組織のNo.2のRUMを探す手掛かりとなったキーワード「MASCARA」を並べ替えると、CARASUMAになる。

・71歳の組織幹部ピスコが「長年仕えた」と話していた。

・組織のメールアドレス「#969#6261」をプッシュ音で打ち込むと、カラスについて歌った童謡「七つの子」のメロディーになる。

・作者の青山先生が、53巻までの時点でボスの名前はすでに出ていると明かしており、30巻初出の烏丸は条件に合致している。

などなど今思えば比較的わかり易い手掛かりが多かったなー、と。



正体についてはコナンの推理ではなく、コナンの父・優作と沖矢昴の推理によって明らかにされたものです。

前述の通り、烏丸は40年前に死を遂げた当時に100歳を超えていて、もし今も生きているとなると140歳以上という、ちょっとあり得ない年齢になります。

これは恐らく烏丸自身が死を偽装して、コナンや灰原と同じくAPTX4869のような薬で若返りを果たしていると考えるのが妥当でしょうか。

作中の組織関連の話でも「時の流れに逆らって死者を甦らせる」といったセリフもありますし。

他にも「烏丸連耶の名は世襲制」「他の誰かが烏丸に成りすましている」といった説もありますね。

ただし1008話で判明したのは依然として名前だけで、姿や口調などはまだ一切わからないまま。

あの方=烏丸連耶という事実が判明しただけです。

烏丸の今の姿は?そもそも生きていて実在の人物なのか?組織の目的は?

こういった謎はまた後のお楽しみですね。

スポンサーリンク


なぜいきなりの急展開になったのか?

そして個人的に最も気になっているのが、なぜこのような急展開になったのか?ということです。

あの方の正体だけでなく、新一と蘭が本格的に交際を始めるエピソード…

といった、長年進みそうで進まなかった話が急に描かれ始めたと思いませんか?

次に明かされそうなのは組織のNo.2 RUM(ラム)の正体でしょうか。

 

それに付随して、あまりこういうことは考えたくないのですが、

もしかすると、そろそろ名探偵コナンという作品の完結が近づいている可能性が考えられますね。

理由として作者の青山先生の病状が思わしくなく、回復がかなり長引きそうだということ。

これ以上長く描き続けると病状が悪化する恐れがあり、それで長年温めていたエピソードを描き始めたという可能性が考えられます。

そうでなければ、これまで2億部を売り上げてきた週刊少年サンデー屈指の人気作品を、作者とサンデー側どちらもそう簡単には終わらせたくはないでしょう。

少し邪推のような感じになってしまいましたが、いきなり急展開になったのは、こういう背景があるかもしれないという話でした。

まぁあの方や新一と蘭のカップリングは、我々ファンも長年待ち続けてきた話の一端でもありますし、青山先生自身が単に機は熟したと判断したのかもしれませんが。

 

※これはあくまで個人的な意見ですので、鵜吞みにすることは避けてください。

 

青山先生の復帰はいつ頃?

現在の所、詳細な復帰時期は明言されておりません

つまり名探偵コナンの連載開始時期も不明ということになりますね。

病状についても詳細は発表されておらず、もしかすると大分長い戦いになるのかもしれません。

まぁでも青山先生自身も「しばらく休むけどまっててね~」とおっしゃっていますので、気長に復帰を待ちましょう。

改めて、青山先生が元気に復帰されることを祈りましょう。

 

最後に

12月13日(水)発売の週刊少年サンデーで、最新話となる1008話が連載されています。

12月18日(月)には最新巻である94巻が発売されますので、今からたのしみですね!

94巻の予約・購入はこちらから簡単にできますよ~。

 


この記事をシェアする
Pocket

-ニュース
-, ,