ニュース

日本国内でツイッター規制検討!理由は座間の事件?時期や内容、影響

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


日本国内でツイッター規制が検討!?

2017年11月10日(金)に日本政府は、座間市で発生した9人の遺体が発見された事件を受け、ツイッター規制を含む再発防止策を検討していることを明らかにしました。

この影響で"ツイッター規制検討"がトレンド入りを果たすなど波紋が広がっています。

今回の記事では、日本国内でのツイッター規制検討について理由や時期、内容、影響についてまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク


理由は座間市の事件

そもそもツイッター規制検討の発端となっているのが、座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件です。

ネット上の自殺サイトやツイッターでのやりとりで被疑者と被害者が知り合ったのが事件の始まりでした。

これを受け政府内で閣僚会議が開かれ、

(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有

(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化

(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000051-jij-pol

といった再発防止策が提案されています。

具体的な内容については翌週以降、再度、防止策の策定会議が行われ今月中にも決定する見通しです。

 

ツイッター規制検討 本当にあるのか?

現在Twitterを中心にネット上では、ツイッター規制検討!と騒がれていますが、まだ正式に検討が始まったわけでも規制が決定したわけでもありません。

あくまで現段階では、

「防止策にはツイッター規制も含まれますか?」という記者の質問を受け菅官房長官が、

「必要あれば検討します。」

といったニュアンスでしかないようです。

一つのニュースだけに踊らされないように注意したいところです。

少なくとも、年内に正式決定したとしても、すぐにツイッター凍結!というわけにもいきませんから、時期としては2018年以降の話でしょう。

ツイッター規制の影響は?

ネット上でも話題になっている通り、ツイッター規制検討段階でもトレンド上位に上がるほど話題があるわけですから、本当に規制が始まった時の影響も相当あるでしょう。

今回の事件のような凄惨な出来事を少しでも防ぐことができればという目的ですが、中にはこういった意見もありました。



個人的にもおっしゃる通りだなと感じました。

闇雲にツイッターだけ規制してもネットの世界は広大ですから、すぐさま新たな犯罪の温床が生まれるだけだと思います。

だから出来る限り犯罪が増えないような社会作りを少しずつでも進めていくしかないんだと思いますね。

 

いずれにせよ、ツイッター規制に関してはまだ正式決定したわけではありません。

続報を待ちましょう。

スポンサーリンク


この記事をシェアする
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

-ニュース
-, ,