takusanのニュースをお届けします

あなたが今知りたいニュースを"たくさん"届けます!

レジャー 役立つ知識

2018GW平均の連休は何日?東京や大阪の天候、空の便の情報も

2018/01/14

Pocket

hikouki-1
2018年のゴールデンウィーク関連情報をまとめ!

2018年のゴールデンウィーク(GW)もあと1ヶ月少々へ迫ってきました。

今年のGW期間はおおよそ4月28日(土)~5月6日(日)といったところです。

では今回の記事では、2018GWの平均の連休は何日?東京や大阪の天候、空の便の情報等についてまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク


2018GW 平均連休は何日くらい?

今年のGW期間はおおよそ4月28日(土)~5月6日(日)といったところです。

5月1日、2日の平日に休みが取れれば、最大9連休にすることができますね。

今年のGWの平均休日日数は、概ね5日のようです。平日の1日、2日に休みが貰えない方も多いみたいですね…。

スポンサーリンク


2018GW 天気予報はどうなってる?

さて、最も気になることの一つといえば、GW中の天気だとおもいます。

ここでは東京・大阪・札幌のGW中の天気について調べました。

※2018年GWの天気の長期予報がまだ出ていない為、2017年GWの情報を掲載中です。

【東京】

無題

4/30~5/13までの長期予報です。

予報では、5月2日(火)と最終日の7日(日)に雨の予報となっています。

この2日以外は晴れ予報となっており、天候に恵まれたGWになると言えるでしょう。

 

【大阪】

無題1

大阪についても、4/30~5/13の長期予報を調べました。

4/30~5/25/7の計4日間くもり又は雨予報になっています。

大阪では、GW前半は天候に恵まれないようです。

 

【札幌】

2

こちらは北海道・札幌の天気予報です。

札幌も5/2は雨予報で天気がぐずつきます。一方、それ以降は最終日の7日まで恵まれた天候なので、GW後半しか休みがない方には朗報かもしれません。

また、東京・大阪よりも気温が5~6℃ほど低いので、ジャンバーなどの上着を準備したほうがいいでしょう。

 

東京・大阪はGW最終日の6日(日)は、雨予報になっていますので、お出かけは控えたほうがいいかもしれません。

尤も、翌日から再開する仕事に備える人も多いと思いますが。

GW初日の4/28やGW中盤は、全国的に天候が安定し穏やかなお出かけ日和といえるでしょう。

 

2018GW 飛行機や鉄道の混雑状況はどうなる?

帰省やUターンラッシュによる、飛行機や鉄道の混雑状況はどうなるか?

まず、帰省ラッシュのピークはGW初日の4/28、そして5/2の日が混雑のピークとなるでしょう。

Uターンラッシュは、最終日前日の5/5が混雑ピークになると思われます。

飛行機については、帰省&Uターン時ともに、場所によりますが既に満席になっているかもしれません。

比較的人が少ないと思われる始発および最終便なら、まだ空いているかもしれません。急いで探してみましょう。

鉄道(在来線、新幹線)なら予約なしでも問題なく乗車できます。

ただし、ピーク日の指定席は満席になっている可能性もあり、自由席に立ち乗りすることも覚悟しておきましょう。

こちらについても、朝早いor夜遅くの電車であれば席が空いているかもしれません。

人の多い時間帯はなるべく避けるようにするのが、席を確保するポイントです。

 

もう少しでゴールデンウィークという所ですが、皆さん旅行や帰省等の計画はお済でしょうか?

今から待ちきれませんね!

 

スポンサーリンク


この記事をシェアする
Pocket

-レジャー, 役立つ知識